スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お愉しみは一年後
梅の季節です。

仕込みたて梅酒

去年、初めて梅酒と梅干をつくった。梅干はなかなかおいしくできたのだけど、梅酒は苦味が出てしまった。終わりの頃の梅を使ったこと、あまり良い梅でなかったこと、下処理をぞんざいにしてしまったこと、糖分が少なかったことが敗因として考えられる。という訳で今年はリベンジ。
まずは梅、と練馬近辺でいい梅を売っているところを探していたら武蔵関に自然食品屋さんを発見。うちからだと自転車で20分強。イケル。という訳でここを予約。訪れたところ、池袋~石神井近辺ではなぜか売っているところのない竹布ふきんやオーガニックコットン等の雑貨も揃っていて狂喜。自然栽培の野菜も多く、良いお店です。しばしば通うことでしょう。

さらには贅沢をして、自然米焼酎も発注。1kgはこれで漬けるのです。
というわけで梅も届いて、今年のレシピ。

A.西北さんの白加賀1kg + 観無量1升 + てんさい糖400g
B.西北さんの白加賀1kg + 日本酒1升 + てんさい糖400g

Bは大分前の頂き物を、飲む機会がなかったので転用。梅酒というとホワイトリカーか果実酒用ブランデー、もしくは焼酎という感じなのですが、先日ちょうど梅を予約した帰りに通りがかった石神井の酒屋さんで一年前に色々なお酒で漬けた梅酒の試飲会をやっていて、試飲した中で日本酒が美味しかったのです。大信州の梅酒も激旨だし、これは日本酒で漬けてみようと思った次第。試飲会では泡盛・焼酎・日本酒・みりん・ブランデー・ラム酒・ウィスキーの各梅酒があり、日本酒とウィスキーが好みでした。その他は梅とお酒が馴染みきらない印象。好みもあろうが、飲み比べるとそんな感じ。そうそう、みりんも美味でした。意外かもしれないけど、みりんてお米のリキュールなのよ。
Aはもうちょっとしたら味見して、足りなければ甘味を足すかも。Bはベースがかなり甘かったからもういいだろうなぁー。というかすでに多いかも。

結果が出るのが少なくとも一年後なので、試行錯誤は数年越し。
気の長い話だ(笑)
2007/06/19 13:32:20 | Category:おいしい | Comment:7 | TrackBack:0 |
みうたさんのナチュラル・クッキング
10日の日曜日は、(週末の割に)早起きをして青山一丁目へ。
私が唯一定期購読している雑誌「うかたま」
うかたま 2007年 07月号 [雑誌] うかたま 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/06/05)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る

に「みうたさんのおやつ」を連載している江島 雅歌(みうた)さん講師の「みうたのナチュラル・クッキング」に参加するため。
2007/06/13 00:17:13 | Category:おいしい | Comment:0 | TrackBack:0 |
満腹至福
金曜日の出来事。

前の会社の同僚女史達と池袋で飲茶食べ放題。このお店、オーダー制でメニューにあるもの何でも頼んで良いという大変気前の良いところ。
ビールで久しぶりの再会に乾杯して、さぁスタート。

最初に来たのは大根餅。
大根餅

2006/05/23 11:30:31 | Category:おいしい | Comment:2 | TrackBack:0 |
酵母、酵母を育てるのだ
200604060103012
20060406010301
先日買った「酵母食レシピ」。
とその前に買った「酵母ごはん」。
ウエダ家著のこれらの本には、酵母の育て方が載っている。

基本的には果物や野菜を清潔なビンに入れてヒタヒタに水を注ぎ、甘味のないものは蜂蜜をプラスして放置。…それだけ。数日するとビンの中で酵母が増えて、糖を食べて炭酸を出し、シュワシュワの酵母液ができる。この液で小麦粉を練って発酵させて焼けば自家製酵母パンの出来上がり。他にも料理の下味やソースに使ったり、煮物の酒やみりん代わりに使ったり、そのまま天然炭酸飲料として飲んだり。さらに放置し続ければそのうち酢まで出来てしまう、というめくるめく魔法のような話。
放置するとは言ってもちゃんと毎日様子を見て手をかけるのですが、その「育てる」感じとレシピの広がりに一発ダウン。すっかりやられました。

今日仕込んだのはチリ産レッドグローブと乾燥なつめ。レッドグローブはシュワシュワなところを飲みたいし、料理にも使いたい。なつめは滋養液として用いたい。

酵母たちが育つ。
なんて、まるで「もやしもん」。醸しの世界だ。
2006/04/06 01:03:01 | Category:おいしい | Comment:0 | TrackBack:0 |
ごちそうさまでした
20060105233603

12/30。
やっとのことで仕事を終え、年末年始はいつもの場所へ。ゲレンデ脇で4.5泊、滑り・食べ・飲みのお楽しみツアー。
ようやくたどり着いた場所は、いつものように迎えてくれました。

初滑りにしては滑れたし、晴れ・曇り・重パウ・軽パウとフルフルコース楽しめたし、新しい板は調子良いしで中々上々の滑りでしたよ。

宿に帰れば源泉かけ流しの湯に浸かり、汗と共に疲労を流し。

次々と来ては帰る愉快な面々達と、昭和を感じる宿の隠し部屋で連日ほど良く飲み・笑い。

そして圧巻だったのが世の貧相な一般ゲレ食を全てぶち飛ばすトラットリア○屋(混んで待つようになると困るので伏せ字)写真は「若鶏のグリル魔女風」
なんと丸一匹グリルですよ!!

皮がサクサクで(パリパリ、ではない)絶妙の塩加減・ハーブ加減。肉はジューシィ、皿に落ちた脂もまたバケットで拭き取ってじんわり。これ都内で食べたらいくらするんだろ?というものがお手頃価格で食べられちゃう。タラバ蟹丸々一匹(身入り)乗ったトマトソースのパスタ\2,100とか。う~~ん、あり得ん。
食べれば食べる程他のメニューも食べたくなる○屋マジックに、何人もハマりだしてしまいましたよ。

てな訳で身も心もお腹も満たされ、またも至極満足なひと旅でした。

たのしいって、いいよね。
また行くよ、○温泉。
2006/01/05 23:36:03 | Category:おいしい | Comment:0 | TrackBack:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。