スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
脱出
「忙しい」というのは、基準がないので何とも説明のしようがないのだけど、ここのところの私は見方によってはちっとも忙しくもなく、ただただ自分の能力がないだけであるのでした。ちくしょう。

忘れないうちに、近頃あった良いことをメモ。
・一昨年、一緒にスイスへスキーをしに行ったご夫婦がお店に板を持ってきてくれた。

このご夫婦、毎年必ず海外へ滑りに行っている強者で、ご主人は一昨年の時点ですでに還暦だった。にも関わらず同行者7名中、常に誰よりも速く滑り出し、誰にも追いつかせないという尊敬すべき方。奥様ももちろんアグレッシブで、夫婦揃ってヨーロッパのカチカチのコブに滑り込んでいく様は同行者として自慢したいくらいで。
相変わらずお元気で、お二人で愉しんでいる様子を目の当たりにできて、とてもうれしかった。独立前より大分遠くなってしまったのに、わざわざ来てくれたことも更によりうれしく。
冬はスキーばかり、夏はテニスばかりというお二人の身体は、同年代の人らとは別物だと思いますよ。ハーフパンツを履いていたご主人の脚は、そりゃぁピキっとしていましたもの。

・ここでお茶を飲むのが趣味、と言ってくれた人がいた。

喫茶部門は単価が低いし、来客数も多くないので全然儲からないのだけど、「ここに来てお茶を飲むのが趣味なんです」と言ってもらえると、なんとも気恥ずかしくも嬉しく。
こんなに直接、自分のやってることが無駄じゃないんだ、と思える機会ってそうそうないものね。

・スライドショーが無事にできた

人数がやっぱり増えてしまって、お客様にはキュウキュウで暑くて申し訳なかったのだけど、どうにか無事終了。これが終わるまでは何もできないっっ…って状態だったからようやく終わった~、という感じ。お店の片付け&元に戻す作業は途方に暮れるほどだったけど、相方さんが何とかしてくれました。素晴らしい。(私はほぼ何もしていません)
次はもっと良い会にできるぞ。


…つまり、ここのところの「忙しい」は、初めての店内でのスライドショーに向けていっぱいいっぱいだったのが、あれよあれよで夢中なうちに終わり、すべての気を使い果たして抜け殻、ということだったのよね。

私の場合、疲れたとか頭が回らないとかやる気が起きなくってどうにもならない時は、ただひたすら作業をするに限る。気が乗らなくっても無理矢理作業をしていると何かしら成果が出てくるから、そしたらそれを足がかりに動き出す。(例えば今日は溜まっていた経理処理をしたのがよかった)
もしくは自転車に1時間以上乗るか、1時間半くらい歩く。冬ならすべりに、夏なら海に行くというのもベスト。
2005/07/01 00:51:20 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
Secret

TrackBackURL
→http://shizubl.blog3.fc2.com/tb.php/78-549358cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。