スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両腕に針を刺し
ちなみにカラー・コーディネート後はちゃんと献血しました。
今回は、初めて!

「両腕献血」

なるものを体験。
献血前の検査用採血で、いつもと違う細い血管から抜いていたので「いつもと違うなぁ」と思っていたら「両腕献血ってイヤ?」との打診。やったことないことはやってみたいし、「両方ともいい血管だから」と言われては、断れない。
いつもの成分献血(一度血を抜き、必要な部分=血漿とか血小板とか、だけを抜いて残りは体内に戻す)は抜くのも戻すのも同じ腕にするので針は1本しか刺さないのですが、今回は右腕から抜き、左腕に戻すという荒業。両腕にぶっすり針刺しました。

感想は、両腕の方がいいかも。
片腕だと戻るときに不安があるのです、感覚的に。でも両腕とも動かせないので献血中に本が読めないのが難点。(テレビやDVD観てればいいんだけど)
2005/06/11 19:00:06 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:1 |
Secret

TrackBackURL
→http://shizubl.blog3.fc2.com/tb.php/69-3ac0d891
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。