スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふゆでした。
先週の水曜日、前々から一度受けてみたいと思っていたカラー・コーディネートを受けました。場所は池袋い~すと。…と言ってもわからないか。献血ルームです。い~すとでは毎月第1水曜日、カラー・コーディネートを実施していて、診断はなんと無料。コーディネーターの方々がボランティアでやられている様子。他にもタロット占いとか手相占いの日もあるもよう。(興味がないので詳しく見なかった)
この日はカラー・コーディネート目的で献血ルームに行ったので、献血の受付と同時に診断の受付終了時間を確認。献血してからだとカラー・コーディネートが終ってしまうことが判明したので「献血の前に受けさせてもらっていいですか!?」と喰いついたところ、快く承諾。カラー・コーディネーターのお姉さま方3名に献血ルームの端で診断してもらうことになりました。診断方法は、鏡の前に座り様々な色の布を胸のところに次々当て、顔色等との相性を見ていく、というもの。
本屋で立ち読みした程度の知識によると、カラー・コーディネートはまず肌や髪、瞳の色からイエロー・ベースかブルー・ベースかを判断、さらにイエローはスプリングかオータムン、ブルーはサマーかウィンターというシーズンに分けられます。で、シーズンごとに似合う色、似合わない色がありましてね。(これ以上は気になったらココとかを参照。・・私では説明できませぬ。)
本の自己診断チャートで「冬」かなぁ、と思っていたのですがやっぱり「冬」とのことでした。でも冬だけだと(私の場合)さみしい印象になってしまうので、夏のものを部分的に取り入れても、と。
相方も一緒に受けたのですが、彼はサマー。二人とも同じブルー・ベースなので、黄味がかった色は似合わないとのこと。実際、そういった色を当てた時は、顔色がくすんで老けてみえるのですよ。驚き!当てる色でそんなに印象が変わるとは。でも同じ黄色でもサマーの黄色、とかウィンターの黄色っていうのもあって、私もレモンイエローなんかは大丈夫なのです。

ちう訳で、いや~面白かった、カラー・コーディネート。
受けてみると、新しい目が養われ。その後はテレビなんかを見ても「この人はブルーベースだからこの色は老けて見えるなぁ」とか思ってしまったり。似合う色と好きな色は必ずしも一致しないだろうけど、(私は苦手な黒が似合うと言われ、相方は好きなく黒が似合わないと言われた)似合うものを知ることは良いことだろうし、一度受けてみるとおもしろいですよ。(ただし有料のとこはそれなりのお値段。…なかなか手が出ませんなぁ)
2005/06/10 17:55:08 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
Secret

TrackBackURL
→http://shizubl.blog3.fc2.com/tb.php/68-23610a49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。