スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mt.Naeba
20050317142359

定休日、平日日帰りバスツアー。今回はかの『苗場』へ。
苗場=「私をスキーに連れてって」、もしくはユーミンというイメージ。「スキー人口が大幅に減った今でもあそこは混んでいる」、「いまだにワタスキな人たちがいる」等の風評を耳にするのみで一度も行ったことがなかったのだけど、往復バス+一日リフト券\3,800につられてついに初苗場へ。(フジロックで夏には行ったことがあったのだけどね)

さて行ってみて。「やっぱりこれが苗場だ」。
妙に宿泊客にだけ優しく丁寧なステイション兼ホテル、重厚な山小屋調レストラン、平日の割に溢れる初心者ボーダー中途半端スキーヤー。込み入ったコースレイアウトと予測のつかない動きをする人の多さで、滑りを楽しむことは難しく。
苗場はスキー・スノーボードを「レジャー」ととらえ「リゾート」で“非日常”を楽しむための場であって、「スポーツ」として楽しむための場ではないのだなぁと実感。私には性にあわないスキー場でした。

よかったことは一つ。先週のかぐらみつまたツアーよりバスがよくて、前後間が広く足を伸ばしてぐっすり眠れたこと。やっぱり苗場は高級を意識しているのかしら。
先週は「バス疲れ」に参っていた相方も、今回は快適だった様子。
練馬に戻ってから、いつもののんちゃんへ。
ビール飲んで「おいしい!」ものお腹いっぱい食べて、ワイン飲んで手作りの「おいし~ぃ」ケーキ食べて、ひとり2600円也。
安ッッ。

昨日の大ヒットは辛いシチューとパン、新たまねぎのフライ。
うちのお店のオープニング・パーティの時もそうだったけど、あそこの煮込み料理はホントに絶品。「なんでこんなにおいしいの???」って不思議になるくらい旨み溢れる。新たまねぎは甘くて、とろけるのだけど衣がカリっとしてアツアツで。
・・うまいぞ~~。
2005/03/17 14:24:00 | Category:雪 | Comment:2 | TrackBack:0 |
Secret

TrackBackURL
→http://shizubl.blog3.fc2.com/tb.php/31-d112a6b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。