スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある休日 その一
20070831201709
200708312017092
200708312017094
実家から練馬への帰り道。
ふと見えた日暮里駅上の景色に「谷中霊園歩きたいなぁ…」と思ったのが発端。うろうろと駅を抜け、墓地を歩く。谷中霊園は墓地と言っても町中の、人通りの多い明るいところで桜の季節には花見客で賑わうほど。
中程にある公園のベンチでは年配の方々が休み、課外授業なのか竹菷や熊手を手に清掃する高校生に溢れていた。
霊園を抜け、向かう先は愛玉子。オゥギョーチィ、と読むお店。メニューはほとんど愛玉子。愛玉子、チィクリーム、氷オゥギョーチィ、チィワインにチィウィスキーは謎。
蒸し暑かったので氷オーギョーチィを注文。黄色いのはかき氷のレモンシロップ。ちなみにオーソドックス愛玉子もレモンシロップ味。
独特の食感の愛玉子は、お米より栄養があるとかないとか。一時期バーミヤンなんかでも見かけたけれど、あれは別物だったなぁ。みかんとみかんの缶詰くらい。

しんと音のない店内。そこここに開店当初からの数十年の空気が存在するような感覚。

当時としては珍しかったというボックスシートは昭和9年製。
2007/08/31 20:17:09 | Category:日々たわ | Comment:4 | TrackBack:0 |
Secret

TrackBackURL
→http://shizubl.blog3.fc2.com/tb.php/184-7c3f60a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。