スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豚肉好きの豚肉好きによる豚肉好きのための
ベーコンは買うと高いし、普通に売ってるのは添加物がね…。かと言って無添加ベーコンはとっても買える値段じゃない。
というわけで、ここ1年くらいは自分で作っている。

作り方は簡単。豚バラかたまり肉を安い時に買って(近所のスーパーでは毎週日曜日が半額)、重量の2%前後(好み)の塩と好みのスパイスを擦り込む。浸透圧効果で肉汁が出るので、液に浸らないようにして冷蔵庫で一晩以上放置。

塩をまぶしたバラ肉

(ここでしばらく忘れることアリ。塩してパーシャルなら10日くらい経っても全然平気)

あとは燻煙するだけです。

燻製には新富士バーナー株式会社の『お手軽香房』を使用。
http://www.shinfuji.co.jp/contents/products/ibushi/smoker1.html#st124
折りたためるのがすばらしいところ。それに安いし。

スパイスは黒胡椒or白胡椒、シナモン、ナツメグ、ガーリック(パウダーでもすりおろしでもスライスでも)、ローズマリーとか場合によってはカレー粉など、好みで何でも良いと思う。私は今は塩&胡椒のシンプルなのが一番。なにせ豚肉好きなので、肉の味がすればするほどよい。
燻煙時間は適当に。2時間もあれば十分じゃないかなぁ。温度も測らない適当燻製。大体、週末店にいる間に燻煙してます。思ったより煙は出ないので店先でも問題なし。

ベーコンの作り方を検索すると
塩漬け→塩抜き→乾燥→燻煙(乾塩法) か
塩漬け→ソミュール(ピックル)液に漬け込み→塩抜き→乾燥→燻煙(ソミュール法)
てのが多いのだけど、塩抜きするのが面倒&肉の味が抜ける気がするので、最初から塩を少なくして塩抜きは省略。またソミュール液に漬ける方が食感も味も一般的なベーコンらしくなるのだけど、肉々しさが薄れるので私は不採用。

できたベーコンは厚切りにして肉々しく喰らうも良し、薄切りにして色々な料理に使うも良し。いわゆるベーコンとはちょっと違うけど、七輪で炙ればそれはもう生唾ものの旨さ。もちろん冷凍保存も可。一度作ればしばらく愉しめる。
2007/06/21 19:22:13 | Category:おいしい | Comment:4 | TrackBack:0 |
Secret

TrackBackURL
→http://shizubl.blog3.fc2.com/tb.php/171-8d26d32c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。