スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みうたさんのナチュラル・クッキング
10日の日曜日は、(週末の割に)早起きをして青山一丁目へ。
私が唯一定期購読している雑誌「うかたま」
うかたま 2007年 07月号 [雑誌] うかたま 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/06/05)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る

に「みうたさんのおやつ」を連載している江島 雅歌(みうた)さん講師の「みうたのナチュラル・クッキング」に参加するため。
うかたまのブログでこの料理教室の開催を知り、即申し込んだのが5月初旬。その後朝日新聞等に告知が出て、結果定員オーバーらしかったので早めに申し込めたのはラッキーだった。
料理教室なんて初めて参加したのだけど、それでも行きたいと思ったのはそれくらい「うかたま」に傾倒しているため。うかたまのキャッチフレーズは「食べることは暮らすこと」。あーもうなんて素敵なフレーズなんでしょう。私たちは、日々を生きるのみあらず暮らす。暮らしという言葉には、人々の営みが含まれているように思います。日々に流されずきちんと暮らしていきたい、というのはいつでも心の底にある望み。

で、料理教室。今回のメニューは

・ゆで大豆のハンバ-グ
・切り干し大根とほうれんそうのごまあえサラダ
・卵なしあっさりレモンパイ

の3品。ゆで大豆のハンバーグは大豆メインでお肉は少し(5人分で150g)。切干大根と…は切干大根を戻してそのままほうれんそう他と和える。レモンパイはパイ生地を地粉で作るところから…と普段自分ではしたことないことづくめ。初対面の方々と一緒に料理をするのは慣れないことでしたが、同じナチュラル・クッキングに興味を持つ同士、通常の初対面よりやりやすかった気がします。
ちょっと時間を押しながらも完成して試食。なんかね、ナチュラル・クッキングというだけあって、素材の味がするのですよ。ハンバーグは大豆がおいしいし、切干大根は大根の甘味と辛味がそのまま、レモンパイもフィリングがシンプルでパイ生地の地粉の味がする。いや~、びっくりです。図らずも自分の普段の味付けが濃いめだということに気付いた。うちの両親は岩手出身で味付けが濃かったもんだから、私も濃いめになっていたのね。ちょっと今回で薄味に目覚めた。薄味だと素材の味がして、素材の味がするとなんか食物を身体に取り入れている、という気が率直にするのですよ。素食っていいなぁ。なーんて今更思ってしまった。でもマクロビはちょっと敬遠してしまうのだけど。(そこまでしなくても…て思っちゃうのね)

帰りに思わずみうたさんの本を購入。
みうたさんの野菜たっぷり料理 みうたさんの野菜たっぷり料理
江島 雅歌 (1997/10)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る

みうたさんの野菜たっぷりおやつ―低糖・低脂肪でおいしくつくるレシピ&ヒント みうたさんの野菜たっぷりおやつ
―低糖・低脂肪でおいしくつくるレシピ&ヒント

江島 雅歌 (2002/06)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る

今までレシピを見ても分量どおりになんて作ったことなかったのだけど(調味料とか適当にしていた)、しばらくはちゃんと計量して作ってみようっと。
2007/06/13 00:17:13 | Category:おいしい | Comment:0 | TrackBack:0 |
Secret

TrackBackURL
→http://shizubl.blog3.fc2.com/tb.php/168-67607464
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。