スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酵母、酵母を育てるのだ
200604060103012
20060406010301
先日買った「酵母食レシピ」。
とその前に買った「酵母ごはん」。
ウエダ家著のこれらの本には、酵母の育て方が載っている。

基本的には果物や野菜を清潔なビンに入れてヒタヒタに水を注ぎ、甘味のないものは蜂蜜をプラスして放置。…それだけ。数日するとビンの中で酵母が増えて、糖を食べて炭酸を出し、シュワシュワの酵母液ができる。この液で小麦粉を練って発酵させて焼けば自家製酵母パンの出来上がり。他にも料理の下味やソースに使ったり、煮物の酒やみりん代わりに使ったり、そのまま天然炭酸飲料として飲んだり。さらに放置し続ければそのうち酢まで出来てしまう、というめくるめく魔法のような話。
放置するとは言ってもちゃんと毎日様子を見て手をかけるのですが、その「育てる」感じとレシピの広がりに一発ダウン。すっかりやられました。

今日仕込んだのはチリ産レッドグローブと乾燥なつめ。レッドグローブはシュワシュワなところを飲みたいし、料理にも使いたい。なつめは滋養液として用いたい。

酵母たちが育つ。
なんて、まるで「もやしもん」。醸しの世界だ。
2006/04/06 01:03:01 | Category:おいしい | Comment:0 | TrackBack:0 |
Secret

TrackBackURL
→http://shizubl.blog3.fc2.com/tb.php/126-ba617e30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。