スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議な木
20070628200448
切ろうとしたら関係者に次々と不幸が…

とかあったのかなー。と、思わずにいられない。

歩道の真ん中に木。
スポンサーサイト
2007/06/28 20:04:49 | Category:日々たわ | Comment:3 | TrackBack:0 |
林州 vs 南高
20070628123232
20070628123233
青梅に遅れること二週間、完熟梅がやってきた。
これらは梅干しにするのです。

写真小さいのが自然村で予約した西北さんの林州、でかくて黄色いのが各種梅酒試飲実施のとものやさんの4Lサイズの完熟南高。この南高、とにかくでかい。スモモみたい。そして木成完熟だからか香りがかぐわしく、食べたら甘いんじゃないかと思うほど。しかし値が張っただけに食べてみる勇気もなく、そのまま仕込みへ。

林州は塩のみ18%、南高は蜂蜜10%+梅酢少々で梅酢上がり待ち。南高は後で塩10%足します。あとは赤紫蘇が出たら塩揉みして加えたら一般的な赤梅干し。

林州は素材を生かして塩のみで渋く、南高は蜂蜜入りで豪華に可愛らしく仕上げる計画。
2007/06/28 12:32:33 | Category:おいしい | Comment:0 | TrackBack:0 |
一ヶ月は待たねばならぬ
20070626200247
ひさびさ、多分3年ぶりくらいのせっけん作り。ずーっと作りたい・作らなきゃと思いつつ、ずるずると3年。一人脳内浦島太郎状態。
せっけん、コレがまた簡単でね。油と苛性ソーダ液を混ぜるだけ。
とは言え、苛性ソーダは劇薬なので薬局に判子持って行かないと買えなかったり、扱いに気をつけないと大火傷したり部屋溶かしたり…要注意。にも関わらずうろ覚えのまま開始したもんで、まんまと一手順忘れ。
…いやね、米胚芽油ベースで電動ミックスバー使ってるにしても、やけにトレース出るの早いなぁ?と思ったんだけどね。

苛性ソーダ液の温度下げるの忘れてた!!

モタモタになったボールの中を眺めて「そういえば温度計ってどこで使うんだっけ?」と気づいて(@д@)!!慌てて残りだけ冷やしたものの時すでに遅し。まぁ手がつけられない程ではなかったのでよかったです。最終的に表面が凸凹した程度。案外分離しないものだなぁと感心。熱くて怖かったので、もうしないけど。

せっけんは油脂類を苛性ソーダ等の強アルカリで鹸化(けんか)させたもの。材料にする油脂の種類と割合で性質が変わる。オリーブ油は泡立ちが悪いけどしっとりするとか、ココナツ油はよく泡立つけど刺激が強いとか、パーム油はしっかりした硬さを出すとか。

なんの油を使う?
どのくらいずつ?
苛性ソーダは何グラム?
水分は水じゃなくてもOK、飲み残したオレンジジュースとかワインとか。
竹炭やクレイ、蜂蜜・ヨーグルトなんてお好みのオプションを入れてもいい。
もちろん香りもつけられるよ。
こだわるならハーブをしばらく油に浸けて、インフューズドオイルで作ろうか。

てな訳で、これもまた凝りだしたら止まらない列車。
今はただ実用を求めているので凝らないけど、材料・色・形・香り…こだわれば、それはもう素敵なせっけんが出来ること請け合い。
今回のせっけんは質実剛健、て感じだなぁ。

ただし使えるのは一ヵ月後。その間に手が荒れるほどの強烈なアルカリが、ゆっくりじっくり熟成されていくのです。

その気になったら以下の本を。
肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32 肌に髪に「優しい石けん」手作りレシピ32
小幡 有樹子 (2001/05)
祥伝社

この商品の詳細を見る

これはレシピがシンプルで堅実。

オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
前田 京子 (2001/03)
飛鳥新社

この商品の詳細を見る

こちらは贅沢、ロマンティックなレシピ。
2007/06/26 20:02:47 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:0 |
豚肉好きの豚肉好きによる豚肉好きのための
ベーコンは買うと高いし、普通に売ってるのは添加物がね…。かと言って無添加ベーコンはとっても買える値段じゃない。
というわけで、ここ1年くらいは自分で作っている。

作り方は簡単。豚バラかたまり肉を安い時に買って(近所のスーパーでは毎週日曜日が半額)、重量の2%前後(好み)の塩と好みのスパイスを擦り込む。浸透圧効果で肉汁が出るので、液に浸らないようにして冷蔵庫で一晩以上放置。

塩をまぶしたバラ肉

(ここでしばらく忘れることアリ。塩してパーシャルなら10日くらい経っても全然平気)

あとは燻煙するだけです。

燻製には新富士バーナー株式会社の『お手軽香房』を使用。
http://www.shinfuji.co.jp/contents/products/ibushi/smoker1.html#st124
折りたためるのがすばらしいところ。それに安いし。

スパイスは黒胡椒or白胡椒、シナモン、ナツメグ、ガーリック(パウダーでもすりおろしでもスライスでも)、ローズマリーとか場合によってはカレー粉など、好みで何でも良いと思う。私は今は塩&胡椒のシンプルなのが一番。なにせ豚肉好きなので、肉の味がすればするほどよい。
燻煙時間は適当に。2時間もあれば十分じゃないかなぁ。温度も測らない適当燻製。大体、週末店にいる間に燻煙してます。思ったより煙は出ないので店先でも問題なし。

ベーコンの作り方を検索すると
塩漬け→塩抜き→乾燥→燻煙(乾塩法) か
塩漬け→ソミュール(ピックル)液に漬け込み→塩抜き→乾燥→燻煙(ソミュール法)
てのが多いのだけど、塩抜きするのが面倒&肉の味が抜ける気がするので、最初から塩を少なくして塩抜きは省略。またソミュール液に漬ける方が食感も味も一般的なベーコンらしくなるのだけど、肉々しさが薄れるので私は不採用。

できたベーコンは厚切りにして肉々しく喰らうも良し、薄切りにして色々な料理に使うも良し。いわゆるベーコンとはちょっと違うけど、七輪で炙ればそれはもう生唾ものの旨さ。もちろん冷凍保存も可。一度作ればしばらく愉しめる。
2007/06/21 19:22:13 | Category:おいしい | Comment:4 | TrackBack:0 |
かもしに夢中
発酵、に心ときめかす当節。

夢中になって読んだのがこれ。
dancyu plus元気の源!日本の「発酵」食 超保存版―この旨味、体に心に沁みわたる。 (プレジデントムック)dancyu plus元気の源!日本の「発酵」食 超保存版―この旨味、体に心に沁みわたる。 (プレジデントムック)
(2007/06)
不明

商品詳細を見る

日本各地の醤油あれこれ、味噌あれこれ、酢あれこれに味醂あれこれ。もう、めくるめく醸し(かもし)の世界。

もやしもん、
もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))
(2005/05/23)
石川 雅之

商品詳細を見る


酵母ごはん、
酵母ごはん―暮らしにしみ入るおいしさ 酵母ごはん―暮らしにしみ入るおいしさ
ウエダ家 (2006/03)
学陽書房

この商品の詳細を見る


から魅惑された菌たちの世界に興味はなくとも、酒好きならこの記事は垂涎もの。

人気蔵元18軒が教える「ウチの酒がますます旨くなる酒肴」

一記事ごとに「あぁぁー」とか「うぁ~~」とか「おぉーぅ」と奇声をあげてしまうこと請け合い。
お愉しみは一年後
梅の季節です。

仕込みたて梅酒

去年、初めて梅酒と梅干をつくった。梅干はなかなかおいしくできたのだけど、梅酒は苦味が出てしまった。終わりの頃の梅を使ったこと、あまり良い梅でなかったこと、下処理をぞんざいにしてしまったこと、糖分が少なかったことが敗因として考えられる。という訳で今年はリベンジ。
まずは梅、と練馬近辺でいい梅を売っているところを探していたら武蔵関に自然食品屋さんを発見。うちからだと自転車で20分強。イケル。という訳でここを予約。訪れたところ、池袋~石神井近辺ではなぜか売っているところのない竹布ふきんやオーガニックコットン等の雑貨も揃っていて狂喜。自然栽培の野菜も多く、良いお店です。しばしば通うことでしょう。

さらには贅沢をして、自然米焼酎も発注。1kgはこれで漬けるのです。
というわけで梅も届いて、今年のレシピ。

A.西北さんの白加賀1kg + 観無量1升 + てんさい糖400g
B.西北さんの白加賀1kg + 日本酒1升 + てんさい糖400g

Bは大分前の頂き物を、飲む機会がなかったので転用。梅酒というとホワイトリカーか果実酒用ブランデー、もしくは焼酎という感じなのですが、先日ちょうど梅を予約した帰りに通りがかった石神井の酒屋さんで一年前に色々なお酒で漬けた梅酒の試飲会をやっていて、試飲した中で日本酒が美味しかったのです。大信州の梅酒も激旨だし、これは日本酒で漬けてみようと思った次第。試飲会では泡盛・焼酎・日本酒・みりん・ブランデー・ラム酒・ウィスキーの各梅酒があり、日本酒とウィスキーが好みでした。その他は梅とお酒が馴染みきらない印象。好みもあろうが、飲み比べるとそんな感じ。そうそう、みりんも美味でした。意外かもしれないけど、みりんてお米のリキュールなのよ。
Aはもうちょっとしたら味見して、足りなければ甘味を足すかも。Bはベースがかなり甘かったからもういいだろうなぁー。というかすでに多いかも。

結果が出るのが少なくとも一年後なので、試行錯誤は数年越し。
気の長い話だ(笑)
2007/06/19 13:32:20 | Category:おいしい | Comment:7 | TrackBack:0 |
みうたさんのナチュラル・クッキング
10日の日曜日は、(週末の割に)早起きをして青山一丁目へ。
私が唯一定期購読している雑誌「うかたま」
うかたま 2007年 07月号 [雑誌] うかたま 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/06/05)
農山漁村文化協会

この商品の詳細を見る

に「みうたさんのおやつ」を連載している江島 雅歌(みうた)さん講師の「みうたのナチュラル・クッキング」に参加するため。
2007/06/13 00:17:13 | Category:おいしい | Comment:0 | TrackBack:0 |
衣替え
開設以来2年間放置していたテンプレートを変えてみた。fc2にいつの間にやら「プラグイン機能」が追加されていて、旧テンプレートでは対応していなかったため。対応させることもできるのだけれど、色々と試す時間と手間を惜しんでバッサリ変更。これでamazon商品へのリンクが簡単にできるようになった。ブック・レビューとか書けちゃうもんね。
fc2は公式テンプレートだけでなく、ユーザーが作った共有テンプレートってのもあって選択肢が広いのがいい。
あとはタイトルになんか写真入れるかな。

併せて携帯用のテンプレートも変更。ものすごくファンシーで気に入ってます。
2007/06/08 19:28:12 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:0 |
目は小さいけどいいのです。
昨日、会社で健康診断。
視力、左右ともに1.5以上。
去年は左が1.2だったから、ちょっと回復。検査前に近く(数cm)と遠く(数m)を交互に見る、というのをやっておいたおかげかもしれぬ。

PC仕事を続けてきた割に視力が落ちず、もう老眼へとまっしぐら一直線。
ところで老眼、て何か他の呼び方ないかしらね。会社の女性なんかに使うのは憚られる。
2007/06/08 19:04:06 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
気がつけば
二ヶ月放置。こうして知らぬ間に歳をとっていくのね。

更新が滞るのは、書いてるうちに長文にしようとしてしまうから。ほとんどすべてを携帯で移動中に書いているのだけど、電車降りてまでポチポチしないし、降りると途中だった記事は割とどうでもよくなってしまう。(というか、自分の中でタイムリー性が失われる)それに最近は面白い本があって、移動中といえば読書に熱中していたのもある。
しかしそもそもごく一部の知人への生存お知らせのつもりなのだから、短くても頻繁に書く練習をしよう。

書きたいことは思えばたくさんあるのだけど、それを言葉にする力が足りない。
けれど書こうともしなければ言葉にはならない。
のだから、とりあえず書いていこう。

そんなに大した話じゃぁないのだけれど。
2007/06/07 16:35:30 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。