スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モブログー?
どうもここ数日、携帯メールからの投稿が反映されていなかった様子。いやぁねぇ。
という訳で日時戻って再投稿した次第。
スポンサーサイト
2006/09/28 08:54:08 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
食べ物にはいつもおいしくあって欲しい。
今日は水曜、定休日。
なのだけど出稼ぎ先の関係で受けざるを得ない研修があり、しかも月末の水木金しかやってなくて、今週は休みなし。来週休もうっと。

でもおかげで社内にいるより早く帰れるし、銭湯でも行こうかしら。
そいえば久々にスープストック・TOKYOに入ったけど(普段の生活圏に店はなし)、あそこのスープはなんであんなに美味しいのだ!?鶏と玉葱の煮込みスープだったのだけれど、口に近付けるとマッシュルームの匂い漂って、玉葱甘くて濃厚で。「こんなスープ私も作りたい!」と思った。ブイヨンから取らなダメか。品川の駅ナカにも4番煎じみたいなスープ屋があるけど、高いだけでちッッッッとも美味しくない!!オススメしません。
美味しいもの好きなので、美味しくなくしかも高い食べ物屋は許せん。品川はそゆとこが馴染めないのよねぇ。生まれも育ちも東京都外れ、下町派。
2006/09/27 19:30:23 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
私は
幸せ者だと思いました。
今日はお店の飲み会で、みんな来てくれて、楽しく飲んでくれて、これ以上の幸せはないと思いました。
感無量。
2006/09/23 23:53:25 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
復旧 というか 構築
昨日、無事に底ブログのバージョンアップ終了。

さあ構築終わったぜー!と思ったら投稿ができなかったり、投稿できたと思ったら画像が反映されなかったりで最終的には夜中になってしまいましたが、作りはかなりスッキリしました。(内部的にね。見た目はあまり変わらない)

いや~、MTってデータベースそやって使ってたのね! とか、
アーカイブのテンプレートはこやってファイルしとけばいいのね! とか、
.htaccessってこやって使うんだ! とか
目からウロコなことが随所にあり、非常によい勉強になりました。

これを機に、より使いやすくちょこちょこ更新していきたいなぁ。
小手先で無理繰りするよりも、はじめに時間を割いて全体像をつかんでからやった方がよっぽど効率的だと実感。
全体が見通せる、というのはなにより気持ちがいいものだ。
2006/09/21 13:43:23 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:0 |
ヒサビサ、カンテツ
昨夜ふとした出来心からお店のブログのモジュールをバージョンアップしようとしたところエラー地獄にはまり、そんな時のためにしておいたバックアップを元に戻せばちょちょいのちょいさ、と置き換えたところテンプレート反映されず、もうねぇーいやぁねぇーよくあるのよねーこういうこと、と数あるテンプレートの一々と格闘するうちに各ページともダイナミック生成できなくなるわ、スタティックにしたらしたでカテゴリーアーカイブ構築できなくなるわ、アーカイブのテンプレートが古いのになっちゃってるわ、バージョン上げたり戻したりしてるうちにこりゃあんた、記事の投稿もできませんよ、ってな状態に。
参りました。

そんなこんなで(成果のない)苦闘を続けているうちに朝になり、なんとか一応見られる状態にして中断。明日は休日返上で再構築だー。こうなりゃモジュールも環境もゼロから作り直しだぁー!!その方がスッキリするぜっ!ちくしょ~う。

ねむい。
2006/09/19 10:30:01 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:0 |
秋の夜長に耳を傾ける
ここ数日蒸し暑いけれど、東京は秋の景色。土と草と木に囲まれた我家では、間近にリィリィと虫の音。

聞くところによると虫の音を「いい声」と感じるのは日本人独特だとか。ほぼすべての異国の方は同じ音を「うるさい」と感じるのだそう。
同じ耳からの情報でも、音楽は右脳、言語は左脳で処理される。音楽・機械音・雑音は右脳、話し声は左脳。そのため右脳を音楽脳、左脳を言語脳とも呼ぶ。いわゆる「音」を聴くのが右脳で、聴いた音を処理して理解するのが左脳、っていう感じか。
で、虫の音。ほぼすべての人類が音楽脳である右脳で聴き雑音として処理するのに対し、日本人は言語脳である左脳で聴く、のだそう。虫の音だけでなく他の動物の鳴き声に海・川・山・風等の自然の音、それに和楽器も言語脳へ。日本語は擬音が多いというけれど、そんなところにも理由があるのかしらん。

同じく虫の音を言語脳で聴く仲間は、ポリネシアン。地理的にも文化的にも近い韓国中国は音楽脳。不思議なものです。ちなみに国籍・人種関係なく日本語を母語として育つと虫の音言語派になるのだとか。逆もまた然り。
2006/09/11 12:45:02 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。