スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おつかれさまでしたあっ
 土曜日は底主催のシーズン納会。定員32名のお店に勢いで50名ほど入り込み、いつものように飲み・食べ・騒ぎ。旧知の方々からご新規さんまで、混ぜこぜで宴席は盛り上がる。
 この冬も無事シーズンを終えた人、頭蓋骨骨折して頭からアゴまでヒビの入った人、足に鳥カゴを付けた人。みんな過ぎし冬を懐かしむ、よりも今を楽しんでました。
 宴は4時間半続き、放っておいたら延々終わらなそうなところを解散宣言。皆さん、電車なくなりますから(笑)
 そうは言いながら自分達も駅まで行って「じゃぁもう一軒?」で居酒屋へ。少人数故にコアな話も出、座ったまま沈没する人が出始めた頃に解散、3時頃でした。

 大勢の参加者に恵まれ、トラブルもなく、会いたかった人達にも会え、「楽しかった」と言ってもらい、納会の宴は終了しました。
またも感謝ね。

「何のために生きるのでなく、ただ感謝して生きるのだよ。」
ゴーダ哲学堂の言葉。

そろそろ久々に書籍紹介などしたい。
スポンサーサイト
2006/06/13 20:48:00 | Category:日々たわ | Comment:4 | TrackBack:0 |
富士を眺めつ
昨夜はふと思い立ち、ひさびさに銭湯へ。東京都銭湯組合のホームページで近辺の銭湯から遅くまでやっているところをピックアップ。線路の向こう側に行く先を決める。
始めて訪れた彼の湯は、昔ながらの番台残るオールドスタイルな湯屋でした。湯船の上には男女浴場に跨る立派な富士。メンテナンスの要と職人さんの減少から徐々に珍しくなりつつあるペンキ絵を、ゆったりと眺めました。
色々な設備を整えた近代的なスーパー銭湯風銭湯もよいけれど、一方銭湯然とした銭湯はやはり失われて欲しくない。折から一端に触れ、認識を新たにしたのでした。
2006/06/08 01:42:01 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:0 |
何気なく忙しく
雪シーズンも終わり、気の抜けた感じでお送りしておりました練馬の底ですが、昨日は何やら忙しかったです。考えてみれば今時のお持ち込みは「全然まったく急ぎません」という方ばかりなのでのほほんとしているけれど、同じ本数急ぎだったら、コレ結構キツイよなぁという本数はあるのだ。いかん、腑抜けてる場合ではない。

そして(世間的に見れば)早くも、来期物早期予約開始。雪山遊びをしない人から見たら「一体どれだけスキー(スノーボード)のことばかり考えてるんだ」とホトホト呆れるところだろうなぁ。
幸いぼちぼち大物のご予約も頂いているのですが、CYCHOの受付は(底では)7月2日まで。今期はそれ以降の追加は「不可!」なので、CYCHOに乗りたい方は今月末までにご英断を。女史は迷わず163買うてください。

そして今週末は怒濤のシーズン納会。あんな人やこんな人があちこち、終いにはあんなところからやって来ては飲み、騒ぎます。現在参加者40名。時間も当初の2時間半から4時間に延び、どうなることやらの大宴会です。
お客さまに言われて気付いたのだけど、「これって要するに忘年会ですよねぇ?」。あぁそうですね、シーズンのねぇ。これがないとなんとなく締まらないのですよ。
そして来年11月のX周年記念パーティーという名の新年会で新たな幕を開ける…。

そんな風に年を重ねて行けたら最高。
2006/06/05 18:48:00 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。