スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シークレットプレイスにて
20060225065700
最高!!
スポンサーサイト
2006/02/25 06:57:00 | Category:雪 | Comment:0 | TrackBack:0 |
やることをやれば道は開ける
先週の水曜日は水上で滑ってきました。初宝台樹。2月半ばにしてまるで春でした。
久々にセスを履いたのですが、私にはサイコが合っているよう。セスだとどうも動きがONかOFFか、みたいになってしまうのです。上手く繋げない。技量の問題と思われます。と同時にサイコには随分と助けられているのだなぁ、と実感でき、それはそれで良い経験でした。

明日(というか今日この後から)はまた関に行って来ます。

雨?
パウダーない?

いいんです、心の故郷なのだから。

そう、題名は最近掘り出した復調へのサブ鍵。
全てのことがどうでもよくて、とにかくやる気がしなくて何もかもが嫌な時も、やるべきことをどうにか少しでも始めると、あっという間に好転してしまったりするということ。
そんな気分の中やり始めるというのが難儀なのだけれど、そこはこう、何とか自分を騙して。
やる気がしねぇ~~~~~~~っ、て時は、何やったってしょうがないと思っているのだから、少しでもやってその成果を感じられれば、あとは自然と動き出すのだ。
これは気力を使い果たした状態からは回復した後の話。
2006/02/22 04:51:01 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
はれ、のち、ゆきとかぜ
20060215074500
11、12日とお店の企画で山へ。
十数名のお客さまとガイドの元でBC実地講習&ハイク微少のパウダー・ロングラン・ツアー。

…のハズだったのだけれど、土曜の昼に気温が上がり過ぎたのと夜からの雪&風で、日曜には鏡のようなクラストの上にサラッサラの新雪が乗ってしまい、安全のためツアーは中止となりました。残念と言えば極まりないのだけど、自然は私たちの都合なんぞ知ったこっちゃぁありません。山はなくならないのだから、慌てて命を落とすことはないのさ。逆にガイドへの信頼感が増し、次回が楽しみになりました。

それではと総勢二十名強でゲレンデを駆け回って終了。ツアーに出られなかった分は、宿に戻ってBC講習の応用編でカバー。疑似練習だというのに慌てて、プローブを出すのに手間取ってしまった。
こんなんでも慌てるのだから、実際の場での動転はいかばかりか。日々の鍛錬の積み重ねが必要。

私はスタッフだけど山に関して素人なので、「お客さん達と一緒にレベルアップして行けるといいですよね」というガイドY氏の言葉がストンと腑に落ちました。うんうん、それがいい。そうしようっと。

というわけで、パウダーは滑れなかったけれど十分満足な二日間でした。

あぁ、おもしろかったぁ。

(写真は土曜日の講習で掘り出した雪柱)
2006/02/15 07:45:00 | Category:雪 | Comment:0 | TrackBack:0 |
やぁ!
20060207080003
最近写真がなかったので。

『やぁ、僕ユッキー。あたまに大根が刺さってるんだよ。』

手付きの雪ダルマって新しい。
これは絶対子供の造形。
2006/02/07 08:00:03 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
二月病
楽しく遊んでいるので、元気そうに見えるかしら。

今、去年の今頃はどうしていたかと自分のブログ記事題名を見返してみたのだけど、どうやら私は風邪を引いていたみたいです。今年は胃腸を痛めてます。
たぶん、11月からバタバタし始めて12月は目の回る忙しさ、1月になれば余裕ができてあれもこれもできるだろうと思ったら休む暇なく2月になってしまって、体力の限界・気力も尽き(c.千代の富士)るのが、この時期なのだと思う。疲れ果てる、という言葉の「果てる」は、気を使い「果たす」と同一なのではと考えてみたり。
何しろ「気」の不足を感じます。

去年より良いと思えるのは、まだそれでも倒れていないところ。もうこのままでは駄目そう、という時点で出稼ぎを休んだり、調整することを少し覚えた。一歩ずつ、年を重ねています。
そう言えば数日前に実際に一つ年をとったのだった。

こんな時はどうするのが有効なのか、いつもわからないまま回復してしまうので、今回は復活の鍵を手に入れたい。
ひとまずはお気に入りの胃薬を飲みますか。
2006/02/04 00:21:00 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:0 |
サンキュー、サンキュー。
水曜は定休日。
来週末のツアーに向けて先週K師匠にもらったアドバイスを実習しておきたいところだけど、相方の車は車検中。ということで去年も使った西武観光の\3,900日帰りバスプランでかぐらへ。朝7時半に所沢発、11時みつまた着。着いたらなんと雨!しかも強風のためかぐらゴンドラ動いてない…。途中経由した苗場は雪だったのにーと思うも、パックなので変更の余地なし。休憩所で新幹線パックで先に到着していたPのAくんと合流。この雨で朝からずっと休憩してたとのこと。上がれば雪、とのほんの僅かな期待を潜めて、ひとまずはロープウェイへ。
上がったら降っていたのは雪、に見えたけど中身は雨で、足元は半端な春雪。ウェアに着いた途端に溶け、リフト一本でもうグシャグシャ。「いやぁ~」と言いながらひとまず滑るも所所でベタッと張り付き、お腹も空いたのでご飯でも…と一路ソソクサと食堂へ。
いわゆるゲレ食なラーメンを食べ、手詰まりなところにかぐらゴンドラ運転再開の知らせ。ゴンドラだけ動いても連絡コースしか滑れない。そぃでも他にできることはないのだから、ゴンドラに乗りましょうそうしましょう、と上がるとリフトも再開。かぐらはさすがに雪でした。
上越の、雨に近い雪は決して軽くはなかったけれど、それでも雪の上を滑れるって、なんて素敵なことかしらと思いました。

数本滑ってアドバイスによる変化が実感できたので、深追いせずに終了。雨にはどうなることかと思ったけれど、必要十分に楽しめましたよ。

帰りは16時半出発、20時所沢着。バスは進化していて快適。さすがに寝過ぎて後半は飽きたけれど、たまには運転を気にしないのもいいもの。
派手さはないけれど、控えめな良い休日でしたよ。
2006/02/02 21:06:00 | Category:雪 | Comment:0 | TrackBack:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。