スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうにもこうにも
ここのところ忙しくて、それはとても喜ばしいことなのだけれど余裕がなくて、考えてる時間と気力がない状態が続いています。

でも元気なので、ご心配なく。
スポンサーサイト
2005/06/27 22:26:21 | Category:日々たわ | Comment:3 | TrackBack:0 |
秘境に旅する
秘境駅へ行こう!
牛山 隆信
4094114114


う~~、これ欲しい。

そして秘境駅に旅したい。


鉄子の旅 1 (1)
菊池 直恵
4091885411

が面白くて、その中に出てきてからずっと欲しいのだけど、そこらの本屋では売ってなくて。

ちなみに両方に出てくる、横見さん曰く「東の横綱」押角駅のある岩泉線は、うちの母親の実家近くでびっくり。岩泉線、子供の頃乗ったんだけどなぁ。覚えてないなぁ。
2005/06/20 21:10:25 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
指、切ったん
指、切りました。
包丁でざっくり。

「ざっくり」 って、音がしたよ。
ねぎの千切りをしていて調子に乗ったら、ざくっっ、て。いけませんなぁ、調子に乗っては。
左中指の、人差し指側の中ほどから指先方面にかけて、爪の上から肉まで。でもすぐくっつけたからあんまり血は出なかったなぁ。
爪が切れているので爪をはがす方向への圧力に絶え難く、キーボードも左中指抜きで打ってます。指運びが変でおもしろいなぁ。
2005/06/20 19:24:20 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
おいしいは うれしい
ひさびさに、だいすきなお店、セラヴィへ。

お店を始めてから、場所が遠くなってしまったのと冬から春にかけては9時まで営業していたせいで、まったく行けなくなってしまっていたお店。夏は8時までにしたので、パッと閉めて急いで行けばラストオーダー9時に間に合う。半年以上振り、心待ちにしていた再訪。
夜は定食メニューがあって、前菜・メイン(各々2~3種類から選べる)にパン・デザート・コーヒーor紅茶付きで\2,000。この値段からは考えられないほど、手間暇かかった「ごちそう」が食べられます。
お店はレストランとビストロの間な感じ、店内は広くないけれどテーブルは余裕を持って配置されていて、狭い感じは全くせず。料理は、おいしい素材をおいしく調理しているという感じ。手間暇かかってるのに、小細工はまったくない。食べててうれしくなる味です。
ぜひともどんなか見せてあげたいのだけど、そんなにおいしい料理なので、申し訳ないのだけど写真を撮ってる暇などなく。なので、トラックバック先に(ランチのだけど)写真があるので、せめてそちらをご参照ください。すごいでしょ?

livedoorグルメの評価が高くないのは、知ってる人は絶対混んでもらいたくないから、書き込まないんだと思う。私だって絶対書きたくないもの。知ってる人にだけ教えたい。
2005/06/19 14:13:05 | Category:おいしい | Comment:0 | TrackBack:0 |
ほしい、けどもらいたくない
テレビでみた「コレジャナイロボ」。
すっげ~~~、欲しい。「これじゃなーい!」て言いた~い。
…でも自分で買うのはいいけど、もらうのはやっぱりイヤだなぁ。

花男を思い出したよ。
2005/06/18 17:34:15 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
ちょっとしらべた
ハンセン病について。
抗酸菌の1種で、結核菌に類似した桿状の菌“らい菌”感染がもとになって発症し、感染と発病には、大きな隔たりがある。個体差と環境因子が、発病を左右すると考えられる。地域・時代によって、有病率が大きく異なる。(現在の日本で、新たな感染・発症は、ほとんどありえない)

…結核のようなもの、という解釈で良いのではないかな。
結核菌に感染しても、=発病という訳ではないし、今ではちゃんと治療すれば治癒する。

重ねて、

ハンセン病は・・・
○遺伝病ではありません。
○伝染力の極めて弱い病原菌による慢性の感染症です。
○乳幼児のときの感染以外はほとんど発病の危険性はありません。
○菌は治療により、数日で伝染性を失い、軽快した患者と接触しても感染することはありません。
○不治の病気ではなく、結核と同じように治癒する病気です。
○治癒したあとに残る変化は単なる後遺症にすぎません。
○早期発見と適切な治療が患者にとっても公衆衛生上からも重要です。

ここからの抜粋。

映画の中でも、彼らの治療をしている医師や看護士への感染がないということ、患者との接触によって感染・発病しないことが臨床的にも証明されているとしてエルネストとアルベルトが手袋やマスクを拒否したことが描かれている。
それで彼らは発病したか?もちろんしていないのだよね。
2005/06/17 15:39:51 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
Nortonに乗って
モーターサイクル・ダイアリーズ コレクターズ・エディション
ガエル・ガルシア・ベルナル ウォルター・サレス ロドリゴ・デ・ラ・セルナ ミア・マエストロ
B00067HDZM

観た。
若き日の、“チェ”になる前のゲバラの物語。数年前に発見されたゲバラ本人の日記を元に作られている。

数日前に、(70年代のだけど)Nortonのバイク(750ccだけど)に乗ったばかりで、怪力(=ポデローサ)号に興奮。あぁ、あんなになってしまったけど。

内容的には、もっと濃く長く詳細に描写して欲しい(日記にはきっともっと色々あるはず…!)と思ってしまうけれど、映画としてはあれ以上長くしても仕方ないと思うので納得。
つー訳で、日記の訳本を読みたいにゃぁ。
あと、キューバ革命とキューバと南米とハンセン病についても、何も知らないので知りたい。

映像的に一番グッときたのは、最後のアルベルト(本人)の横顔。事実を積み重ねた顔というのは、やはり何者にも変え難く、圧倒的。
ドロンします、て使いたい。
本屋で見かけて気になっていた本。

困ったときのベタ辞典 会社で家庭で合コンで。
アコナイトレコード
4479391185


元ネタサイトあり。
おもしろいなぁ。

■もう!私がいないと駄目なんだから!
【もう、わたしがいないとだめなんだから】(新たなる出発語)

…の、「(××語)」てとこが面白くてすきです。(<告白)

類型本として
このへんでドロンします―昭和へっぽこフレーズ大全
へっぽこ調査室
4344805550

もあり。

しかしここでへっぽこ2つめに挙げられている「バタンキュー」、私今でも使ってるなぁ…。
両腕に針を刺し
ちなみにカラー・コーディネート後はちゃんと献血しました。
今回は、初めて!

「両腕献血」

なるものを体験。
献血前の検査用採血で、いつもと違う細い血管から抜いていたので「いつもと違うなぁ」と思っていたら「両腕献血ってイヤ?」との打診。やったことないことはやってみたいし、「両方ともいい血管だから」と言われては、断れない。
いつもの成分献血(一度血を抜き、必要な部分=血漿とか血小板とか、だけを抜いて残りは体内に戻す)は抜くのも戻すのも同じ腕にするので針は1本しか刺さないのですが、今回は右腕から抜き、左腕に戻すという荒業。両腕にぶっすり針刺しました。

感想は、両腕の方がいいかも。
片腕だと戻るときに不安があるのです、感覚的に。でも両腕とも動かせないので献血中に本が読めないのが難点。(テレビやDVD観てればいいんだけど)
2005/06/11 19:00:06 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:1 |
ふゆでした。
先週の水曜日、前々から一度受けてみたいと思っていたカラー・コーディネートを受けました。場所は池袋い~すと。…と言ってもわからないか。献血ルームです。い~すとでは毎月第1水曜日、カラー・コーディネートを実施していて、診断はなんと無料。コーディネーターの方々がボランティアでやられている様子。他にもタロット占いとか手相占いの日もあるもよう。(興味がないので詳しく見なかった)
2005/06/10 17:55:08 | Category:日々たわ | Comment:0 | TrackBack:0 |
夏を前に思う
とある用事で吉祥寺へ。数日前に存在を知り、一度行きたいと思っていたヴィレッジヴァンガードダイナーで遅い昼ご飯。ヴィレッジヴァンガード自体は先月相方と訪れた際に、もう旬を過ぎちゃったのかねー、という話をしていたのだけど、新聞でヴィレヴァン社長の記事を読み、再度興味を持っていた次第。

店。
内装はさすがという感じ。「ダイナー」という雰囲気がしっかり出ている。ネオン、ガススタンド、木の棚・窓枠・テーブル・椅子。馬鹿でかい冷蔵庫(リフリッジレイター)、レトロ以前のラジオ。(小さい冷蔵庫大)
BGMは古い英語のラジオ。(といってもレトロ以前…が鳴ってる訳じゃないよ)
お店が個性やオリジナル、ブランド力を求められて当たり前の時代、何とか風(ふう)…のお店は多い。けれど、大概のところは「ふう」で終わってしまっている。「ふう」で終わらない為には、物語が必要なのだと思う。お客さまを、店員を、空間を満たす物語。それが深く、広く想定されているほど、見られる夢が広がっていく。

うちのお店も、もっと改めて物語を形作らなくちゃなぁ。と褌を締め直す思い。
夏の時期は暇なのだけれど、やることはいくらでもあるのだ。
2005/06/07 16:57:02 | Category:日々たわ | Comment:2 | TrackBack:1 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。